安心・安価な世界のジェネリック薬品では、審査の厳しいUSFDA(アメリカ食品医薬品局)や世界の政府機関に認めれられた先発医薬品やジェネリック医薬品のみを厳選し、安心・安全・簡単に個人輸入できます。


意欲低下の改善に使用される薬です。認知機能を向上させるスマートドラッグとしても。

サーミオンは、ニセルゴリンを有効成分とした脳循環・代謝改善薬です。脳梗塞後遺症に伴う、慢性脳循環障害による意欲低下の改善に使用されます。脳の代謝を活性化し、脳の血流を良くすることで脳内のエネルギー代謝を改善する作用があります。脳血管を選択的に拡張して血管抵抗を下げ、脳のグルコースと酸素の代謝を改善し、その使用効率を高めます。
50錠 2,991円

詳細はコチラ▶︎
 


 
 

効果が期待できる症状
軽度のうつ病 パニック障害 強迫神経症 社会不安障害 月経前症候群 摂食障害


 
グラクソ・スミスクライン社が
開発したSSRI坑うつ剤

 
 

パキシル(Paxil)20mgは、安心・安価な世界のジェネリック薬品がおすすめする抗うつ剤です。イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発・販売している副作用を抑えた第3世代の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)抗うつ剤です。

 
 
日本では2000年11月からグラクソ・スミスクライン社より販売されています。
国内の医療機関でのパキシルの適応は、軽度のうつ病・うつ状態、パニック障害、強迫神経症、社会不安障害、月経前症候群、摂食障害などの患者に用いられています。
 
 
パキシル(Paxil)20mgの主成分パロキセチンは、シナプス前膜のセロトニントランスポーターを強力かつ選択的に阻害することでセロトニンの再取り込みを抑制し、その結果シナプス間隙のセロトニン量を増加させます。そのため神経伝達能力が上がり、抗うつ作用及び抗不安作用を示すと考えられています。
 
 

パキシル(Paxil)20mgの使用方法

 
うつ病・うつ状態
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mgを経口投与します。投与は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量してください。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減してください。
 
パニック障害
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与します。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量してください。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減してください。
 
強迫性障害
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与します。投与は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量してください。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減してください。
 
社会不安障害
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与します。投与は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量してください。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減してください。
 
外傷後ストレス障害
通常、成人には1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与します。投与は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量します。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減してください。
 
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
 
 

パキシル(Paxil)20mgの使用上の注意と副作用について

 
●本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら調節してください。なお、肝障害及び高度の腎障害のある患者では、血中濃度が上昇することがあるので特に注意してください。
●外傷後ストレス障害患者においては、症状の経過を十分に観察し、本剤を漫然と投与しないよう、定期的に本剤の投与継続の要否について検討してください。
 
パキシル(Paxil)20mg投与初期に嘔気を催す方も多いようですが、2週間程度でおさまるようです。日中の倦怠感、口渇、めまい、便秘、頭痛、食欲不振などの症状があります。
まれに(発生頻度1%未満)、錯乱・発熱・発汗・震え・痙攣、幻覚、黄疸などの肝機能障害を起こすことが報告されています。
 
以下の症状の方は服用することを避けてください。
 
パロキセチンに対して過去に過敏症を示した方。
MAO阻害剤を服用中か、服用を中止してから2週間に満たない方。
塩酸チオリダジン(メレリル)投与中の方。
ピモジド(オーラップ)を服用中の方。

パキシル(Paxil)20mgの詳細

 
有効成分:パロキセチン(Paroxetine) 20mg
内容量:28錠
メーカー:Glaxosmithkline(グラクソスミスクライン)
販売価格:オオサカ堂価格 $29.60 3,644円
 
購入タグ.jpg

 

 
●パキシル20mg 2箱セット

オオサカ堂価格 $52.80 6,501円▶詳細はコチラ(1箱あたり3,251円とお得!)


 
メンタルケア薬一覧に戻る▶▶▶

 
 
 

この商品を購入された人は、こんな商品にも興味を持っています。


ペクセップ30mg 50錠

アメリカのイーライリリー社が製造・販売する世界で一番知名度の高い坑うつ剤です。うつ病、パニック障害、強迫神経症、神経性大食症の方におすすめです。

$63.20  ¥7,580
サインバルタ30mg 28カプセル

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる第三世代の抗うつ剤。うつ病、糖尿病性神経障害に伴う疼痛の方に。

$24.80  ¥3,049
フルニル20mg 100錠

世界中で一番知名度の高い坑うつ剤プロザック(prozac)のl主成分塩酸フルオキセチンを同様に配合したプロザックのジェネリック薬品として人気の高い坑うつ剤です。

$44.00  ¥5,280


※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。